ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< January 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2018.12.31 Monday

Vrisko展を終えて

 

 

 

 

 

 

 

Vrisko展無事終了しました。


片田舎の小さな店に本当に沢山の方にお越し頂けました。ありがとうございます。
地味に長く続けてきて良かったと、思いました。

前回の何倍もの古着を
Vriskoさんは並べてくれました。
一年前から少しずつ集めて、自分のお店では売らずに、この5日間の為にためておいてくれたそうです。

海外で買い付けをしている時、
当てずっぽうに車をに走らせていても、古道具を見つけられる事があります。

そこは山の中にある、アンティークディーラーの倉庫であったりして、

どうやってここに来たの?と驚かれる事があります。
古いものに導かれようにして、辿り着く事が不思議とあります。

同じように何百着もある服の中から、お客さんは1番自分に合う服を選んでいて、
服が1番大事にしてくれる方を選んでいるような気さえします。


次は6月にartique鎌倉で。
Vriskoの服が並びます。

12月はまた埼玉で。


今からもう楽しみです。

 

 

2018.12.16 Sunday

Vrisko展まであと5日

 店内また模様替えをしました。

 そして改めて見ると、すごい数の品物ですね。

 

 Vrisko展は20日から、もうすぐ始まります。

 服が並ぶ時はまたガラッと変わりそうです。

   Vriskoさんがこの秋フランスで買い付けた服で、

 特に気に入っているのものなど何枚かお預かりしているので、

 後ほど紹介します。

 

 Vrisko店主のお二人も

 展示中5日間は在廊してくれますので、

 お話を聞きながら服を選んでみてくだささい。

 旅の話やら服の事。

 

 先日Vriskoさんに行った時に

 服を見ましたが、一枚一枚全て違う修復の跡があったり、

 形もデザインも違い、同じものがないのが良いなぁと思いました。

 古いものは本当に良いです。

   今大量に作られているような服と比べると、

 アンティークの服は、細かいところまで気の遠くなるような時間をかけて作っているのが分かります。

 

 100年も前の服がまだ残っていて、それには大事に修復を重ねた跡があり。

 前の持ち主の、物への深い愛情を感じます。

 遠い昔に遠くの国の誰かか大事に残してくれた物を、

 今身につけられる事。

 当時の生活の風景を、服を通し想像して思い描くことも、

 またロマンがあります。

 

 お店に行って見るのが、

 世界観やら空間を知るのには一番だと思いますが、

 普段お店にあるより沢山の服を展示中は

 持ってきてくれるそうなので、

 ぜひ古着屋になったartiqueを見に来てください。

 古いものが好きな方でしたら必ず響くものがあると思います。

 ぜひこの機会にVriskoさんの服を見てください。

 

 

 www.vrisko.jp

 

 

  Vrisko Exhibition

  2018.12.20 (thu) - 24( mon)

 12:00 - 18:00

  open everyday

  at artique 

 

 会期中5日間 Vriskoさん在廊します

 

 

 

 

 

 

 

2018.12.14 Friday

ストーブ





ストーブは好きで一年中お店に置いてあります。
新しく入った、アラジンの状態の良いもの。
分解をしてメンテンスを終えたものです。
パーツを磨く作業も楽しいです。
Vrisko展まであと一週間をきりました。




板橋にあるVriskoさんの店内の様子です。
お店に並べている以上に、展示には持って来てくれるそうです。
去年は200着以上あったと思いますが、
今年は更に増えるそうです。 どんな空間になるのか、自分用に服を買うのも、今から楽しみです。
2018.12.14 Friday

店内


今日は壁に詰め込んでみました。

日本のアケビのカゴから、

アメリカの柵から

フランスのランプまで。


お待ちしてます。


鎌倉は15.16日と都合によりお休みいたします。


15日よりお世話になっている

新潟のstore roomさんの

大阪店 house yardさんにて、

fleurgrance 妹の作るアクセサリーのpop up shop が開催されます。

是非お立ち寄りください。





2018.12.07 Friday

鎌倉 紅葉

 

中庭の紅葉もこうようしていました。

大家さんが庭師さんを入れて

お手入れをしてくれている庭は、

雨戸を開ける度に感動してしまいます。

 

紅葉を見に鎌倉を散歩しました。

路地に入るとまだ見たことない古い建物やお寺があり、

来る度に新しい発見がある場所だと思います。

紅葉が見頃です、

ぜひ鎌倉店にもお越し下さい。

 

artique kamakura

鎌倉市長谷 2-4-5

 

 

鎌倉の店番をしている妹からは、

もう来なくて良いと言われ、

母は僕の留守中に、

店内に自分の作った猫のぬいぐるみを

自由に浮かばせてしまっています。

 

なかなか居場所がありませんが、

家族展は 12月9日まで続きます。

 

その後は 今年最後の Vrisko展です。

今日あたりから少しづつ展示に向けて

店内を改装をしています。楽しみです。

 

 

 

 

 

2018.12.02 Sunday

Vrisko Exhibition

 

 

 

 

去年に続き「Vrisko展」を開催します。

Vriskoさんは東京板橋にある古着屋です。

去年はお店の一面をヨーロッパの古着で埋め尽くしてくれました。

何百着も珍しい服が並びました。

 

今回の展示では、Vriskoさんが今春フランスで買い付けた古着などが

沢山並ぶ予定です。

 

古道具と同様に、

人が手間を惜しまずにつくった古着にも、

細部にまで美しさが宿っている気がします。

 

Vriskoさんは5日間在廊してくれますので、

古着にまつわる物語やフランスでの買い付け話などを

聞きながら服を選んでみて下さい。

 

みなさまのお越しをこころより

お待ちしております。

 

 

 

 

「 Vrisko Exhibition 」

2018.12.20 -24 

会期中休みなし

at artique 

埼玉県東松山市松葉町1-11-14

 

Vriskoさんは全日在廊致します。

 

 

www.vrisko.jp

 

 

2018.12.01 Saturday

カッティングボード いろいろ

 

 

 

 

 

 

形もサイズも違うカッティングボードです。

使わないときは立てかけておくだけで絵になります。

 

オンラインショップにものせています↓

 

http://artique.saleshop.jp

 

2018.11.29 Thursday

人形 ドイツ

 

 

 

 

 

 

ドイツの手のひらに乗るくらいの

小さなアンティークドール

服にダメージがありますが、

顔と手なども良い状態のままです。

 

2018.11.29 Thursday

ランプ フランスと 瓶 日本

 

 

 

フランスのキノコのようなランプと

日本の小さなびん

 

キノコモチーフのオブジェや照明などが

ヨーロッパには多い気がします。

 

瓶は水飴のような取っ手がとても良い

雰囲気です。

小ぶりなのも。

 

 

2018.11.29 Thursday

小さな椅子

 

Family exhibition 

2018.11月23日(金) ~ 12月9日(日)

12:00-18:00

休み 11月26, 27日    12月3,4日

期間中は日曜日も営業しています。

 

 

 

小さな椅子

 

幼稚園で使っていた小さな椅子。

 

小さなお子さんでしたら座ることもできます。

ディスプレイ台として、

花など飾ってあげても良さそうです。

 

 

Powered by
30days Album