ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2019.07.04 Thursday

本棚 黒板

 

 

 

本棚 日本

 

小ぶりな本棚です。

シュッとした作りです。

机の上に置いても幅を取らずに良さそうです。

 

 

 

 

 

マルシェの黒板 フランス

マルシェで使われていた古い黒板

ワインや花を売る時にプライスを書いていたものです。

チョークで書いて看板なんかにも良さそうです。

 

 

2019.07.02 Tuesday

online shop

 

展示台 

大工さんが昔解体をされた建物の

梁を使って作ったそうな。

脚は古いちゃぶ台のものを利用しているようです。

愛嬌あります。

 

 

 

 

皿 ピューター フランス 

皿も良いですけど、丸い球体も

良いですよ。

こちらもフランスの球 2500円です。

気に入ってます。

 

 

小さめのラダー

椅子にしたり植物なんかの台にしても良さそうです。

 

オンラインショップに載せてます↓

見てね。

 

http://artique.saleshop.jp

 

知らない方の車に乗ってしまったようで、

エンジンが掛からないので、自分のでは無いと気がつきました。

こんな 7月のスタートです。

 

 

2019.06.26 Wednesday

白い棚 

 

 

白い棚 いくつか入っています。

完品のものと、ガラスがないものなどあります。

ガラスが無いものは手頃なお値段になっています。

 

ぜひご覧下さい。

 

 

2019.06.22 Saturday

店内

 

 

 

店内の様子です。

昨日もここは何屋なのですか?と入ってきた方に聞かれました。

古いものしか置いてないので、

多分古道具やだと思います。

古いものは見てるだけで楽しいんで是非見に来て下さい。

 

 

 

2019.06.21 Friday

linen france

 

フランス リネン 布

 

白い布色々ありますよ。

 

家具なども新たに追加しました。

お待ちしております。

 

2019.06.21 Friday

VRISKO EXHIBITION at artique kamakura

Vrisko Exhibition at artique kamakura

無事に終了いたしました。

 

皆で展示を作って、

終わったら皆で釣りに出かけて楽しい時間でした。

あっという間に終わってしまい、少し寂しくなりました。

 

次は12月に、東松山で予定しています。

 

2019.06.13 Thursday

Vrisko Exhibition at artique kamakura

 

Vriskoさんがフランスで買い付けて来た美しい服が

鎌倉に並びます。Vriskoさんの選んだフランスの服と

鎌倉の古民家。今度はどんな景色がひろがるのか

今からとても楽しみです。

 

 

 

Vrisko Exhibition at artique kamakura

2019.06.13(thurs)-06.16(sun)

11:00-18:00

会期中無休

2019.04.21 Sunday

グラス 戦前 日本

 

 

 

 

 

 

 

絵柄はキュートな鈴蘭です

無駄の無いデザインが良いですねー。

 

 

 

あまり普段選ばないようなものですが

鈴蘭の絵が気になったのと、

これからの季節に麦茶とか緑茶なんかこれで

飲んでみたいですね。

縁側に座ってなんて最高です。

 

 

 

 

2019.04.21 Sunday

店内

京都 神戸 高松 高知 静岡 長野 鎌倉と

最近動き回っていたので、

色々と変わったものが入っています。

ぜひお立ち寄り下さい。

 

 

 

 

2019.04.20 Saturday

新入荷

 

 

 

ガラスケース 埼玉にあります。

静岡で見つけました。

 

 

引き出し 鎌倉店にあります。

 

 

 

ただのバインダー 

この古いバインダーは格好良いので、

これだったら使いたいなぁ。

 

ぼろぼろ時計

色々壊れた時計を集めてきたけど

こんな小さいのは初めてです。

 

 

大正時代の頃に作られたランプで、

白いミルクガラスのシェードの縁に

赤いラインが入っているものがあります。

赤いラインの入ったものの方が数が少ないので、

値段が少し高くなります。

 

以前馴染みの古道屋さんに行った時、

そのライトを見つけましたが、赤い線が少しおかしいんです。

何がおかしいのか眺めていると、店主が話しかけてきました。

そのライト良いでしょう?赤い線は俺が油性マジックで書いたの。

昔は書いたって言わないで沢山売ったよ。

だから家に帰ってマジックが消えちゃった人沢山いたんじゃないかな。

今はマジックで書いたって言うようにしてるんだ。偉いでしょ?

 

滅茶苦茶だけれども骨董屋さんらしくて

僕は好きでした。

随分前にお店を畳んでしまってお会いできてないけれども

久しぶりに会ってみたいなあ。

 

Powered by
30days Album